トップを目指すジュニアアスリートへ

100日でTOPメンタルスキルを習得する!

ゴールドメダル

メンタルトレーニングプログラム

(GMP)

この「ゴールドメダル・メンタルトレーニング・プログラム(以下GMP)」はトップを目指す学生アスリート(小学生・中学生・高校生)向けに「100日メンタル強化プログラム」を提供していきます。

 

県で金メダル、地域で金メダル、日本で金メダル、アジアで金メダル、世界で金メダル、、、このように自分が目指すステージでトップをとるために設計されたメンタル強化プログラムです。

 

このGMPでは、ジュニアアスリートがトップアスリートになるために、またはトップになったときに必要となるメンタルスキルを習得することが目的です。そのメンタルスキル習得を日本代表選手、プロ野球選手、Jリーガーなどトップアスリートを何人もサポートしているプロメンタルコーチ池がお子様を本格的にサポートしていきます。

 

GMPを受講することでのメリット

■トップアスリートが幼少期から実践してきたメンタルマネジメントを知れる

■「試合本番に強い!」と言われる選手になれる

■大事な試合でも平常心で自分を発揮できるようになる

■周りに左右されずにモチベーションをつくれる

■トップを目指し貪欲に行動する意識が身に付く

■目標から逆算した今日をマネジメントを習得できる

■今後、自分でメンタルマネジメントできるようになる

■トップアスリートのマインドセットを習得できる

 

GMPのプログラム全体像

Ⅰ.トレーニングを受ける

まずはトレーニングを受けることで1つ1つの重要なメンタルスキルを理解していきます。

①アスリートキャリアをビジョンメイキングする

②逆算した目標設定(長期・月間)を体験する

③最高の今日をつくるメンタルノート・マネジメント

④セルフトークの質を高め、行動をコントロールする

⑤姿勢・表情・声でメンタルをコントロールする

⑥呼吸と歩き方でメンタルを整える術を覚える

⑦イメージとルーティンの重要性を知る

⑧試合本番でフローへアプローチする

※2週間に1回(90分)のペースで計8回トレーニングしていきます

 

Ⅱ.生活の中に習慣化する

メンタルトレーニングを生活の中にルーティン化していきます。

例)朝、ビジョンを読み上げイメージする→メンタルノートを書く→競技前(イメージトレーニング)→競技後(メンタルノートで振り返りをする)→寝る前リラクゼーションとフューチャーペーシングなど。

例)毎月のはじめに月間目標をたてる→毎日の行動目標を立てるなど。

上記例のようにメンタルトレーニングを日常化することで自然とトップアスリートのメンタルを習得できるように取り組んでもらいます。

※チェックリストやツールはこちらからお渡しします

GMPを受けた選手の変化・実績

■県で4位の「メンタルが弱い」と言われた卓球選手(小学5年生女子)がGMP受講後、1年後に全国3位になり、周りから「メンタルが強い」と言われるように変化。

■試合で思うように力が発揮できなかったサッカー選手(小学6年生男子)がGPM受講後、JリーグU15セレクション合格!2年後にチームのレギュラーとして全国優勝に貢献!

■本番で緊張して自分のバッティングができなかった野球選手(中学2年生)がGPM受講でメンタルコントロールを覚え、九州大会で優勝し新聞の一面に掲載される。その後、多数の高校からオファーを受ける。

■試合で上位に食い込めなかったゴルファー(高校2年生男子)がGPM受講後、全国大会で上位に入賞。また、プロツアー予選を勝ち抜きツアーに出場。

■世界トップを目指しているゴルファー(小学5年生女子)がGMP受講後、アメリカの世界大会で優勝し、チャンピオンに輝く

 

上記のような事例を見ると、多くの親御さんは「うちのは難しいのでは?」と思われる方も多くいますが、どこのご家庭も最初は同じです。まずはお電話での無料相談(15分)または実際に一度、トレーニングを体験されたい方は体験メンタルコーチングでお問い合わせください。お問い合わせ時に価格や詳細もお伝えさせて頂きます。

■お問い合わせはこちら

メモ: * は入力必須項目です

本番で力を発揮するための親子コーチング

続きを読む 0 コメント